Hacklife Blog

ワーパパがラクして豊かに楽しく暮らすには

Amazonで激安ジェネリックAirPods買ってみた

こんばんは。

今日はいつもランニングやウォーキングなど外出時に使っているイヤホンについて書いてみます。

AmazonAirPods似の激安ワイヤレスイヤホン買ったら音質に強いこだわりが無い限りはめちゃめちゃ良かったというお話です。

実際買ったのがこれ。FUSHOのT12って裏面に書いてあります。

f:id:muston:20200929181815j:plain

仕事では無線が途切れるのがいつも嫌でiPhone付属の有線イヤホンEarPodsを愛用しています。あとカナル型みたいに密閉型も周りの音が聞こえにくかったり、自分自身が喋っている声がこもりすぎるので会話に向かないんですよね。

Apple EarPods with 3.5 mm Headphone Plug

Apple EarPods with 3.5 mm Headphone Plug

  • メディア: エレクトロニクス
 
Apple EarPods with Lightning Connector

Apple EarPods with Lightning Connector

  • メディア: エレクトロニクス
 

なので純粋に音楽楽しむときは密閉型のカナル型で、普段使いはイヤーパッド型ってわけています。

カナル型はコストパフォーマンスの面からJPRIDE一択でずーっと愛用しています。

日本メーカーで(作っているのは中国です)かなり緻密に設計されていて音質がめちゃめちゃ良く没入感半端ないです。

 では普段使っているEarPodsと写真で比べながらいかによく出来たジェネリック品かということを述べていきたいと思います。

f:id:muston:20200929182330j:plain

左側がEarPodsで右側が激安品、おーそっくり。

f:id:muston:20200929182304j:plain

マイク部分の野暮ったさはしょうが無いですね…。

f:id:muston:20200929182312j:plain

f:id:muston:20200929182316j:plain

横から見ると、多少厚みが違っていてこれが耳に入れたとき若干違和感はあります。

耳の中での収まりの良さはAppleは本当に良く計算されていると思うのでここまでは真似できない、仕方ないですね。

3000円ちょっとで買えて安定したBluetooth接続とバッテリーの持ち、そしてそこそこの音質を実現する中国メーカー恐るべしです。

やっぱり安価なワイヤレスイヤホンってカナル型が多いんですよね。いろんな人の耳の形にイヤーチップ変えるだけで合わせやすいから。

自分と同じ用に「通話もしたい」とか「ランニング中に周りの音を適度に聞きたい」とカナル型以外をお探しの方には超おすすめです!